2005年以降のボルドーの高騰にはとてもついていけません。ちょっといいなと思うようなワインはすべからく10000円を超えています。それだけの予算があれば他に有力な選択肢はたくさんありそうなもの。そういうわけで、史上最高のビンテージかと騒がれた2009年にも手が出ず一本のストックもありません。

それでも興味がないわけではなく、チャンスさえあれば飲んでみたいなとは思っておりました。そんなところに見つけたのが、モンペラの赤。近くのスーパーで2000円台です。モンペラ自体、ブレークした時にはとても寄りつけませんでしたので、初めて試す機会となりました。

興味津々で開けたモンペラ2009は決して悪いワインではありません。しかし、80年代や90年代の良作柄年に感じたワクワク感はありません。少なくとも、同じワインをもう一度買う気にはちょっとなれないです。

そんな経験もあり、今度は09年でもう少し格上のワインを飲んでみたいと思うようになりました。運の良いことに梅田の阪急で比較的大きな試飲販促会に出くわし、そこで飲んだのが(有料でしたが)タルボ09です。

実は、タルボは私にとってちょっと特別なワインです。一般的にこのワインの評価はさほど高いわけではありませんが、90年代半ばに飲んだ89年は自分の中でベスト10に入る1本として強く印象に残っています。香りに気品があり、優雅でバランスが素晴らしく、芯にメロンの風味が感じられました。面白いことにボルドー以外の地域の同ビンテージにも同様のニュアンスを感じたことがあり、89年にはずいぶんこだわって試した時期があったほどでした。

今回のタルボにもそれと同等を期待していたのです。いざ飲んでみると、なるほど、しっかりしたボディと良いバランスの「いいワイン」ではありました。しかし、89年ほどの強い印象は受けなかったのです。

何が原因なのかはよくわかりません。ひょっとするとワインが若すぎた。あるいは自分が年を取りすぎた。いろいろな可能性は考えられます。ひとつ確かに言えることがあるとすれば自分はボルドー09にはあまり縁がないのだろうなということです。
[PR]
# by nossnoss | 2013-10-17 21:49 | ワイン
6月の初めのこと。ふと見てみるとワイン用の冷蔵庫が故障しているではないですか。慌ててすべてのワインを別のセラーと冷蔵庫に緊急避難。キャップシールやコルクの状態を見ると、吹きこぼれはないようですが、ダメージがありそうなボトルも見られます。

そのうちの特に状態の悪そうなボトルを選び、泣く泣く数本を立て続けに飲みました。こんな形で飲むはずじゃなかったのになどと嘆きつつ、期せずしてワインエンゲル係数の超高い週を送ることになりました。

その時に飲んだワインは、すべてボルドーで01、93、81、66のワイン。中には初めて飲む有名銘柄もありました。

さすがに66はよれよれ感が否めませんでしたが、これは熱のダメージというよりはワイン自身のポテンシャルと経年変化による自然なものだと思います。比較的若めの2本は本来のシガーと樽の焦げ風味。81年のポムロルはさほど良い年ではなかったはずですが、さすがと唸らせるくっきりとした輪郭と濃いメルロ特有の「だみだみ感」があります。

結局これらのワインに熱のダメージはほぼなかったと判断し、その他のワインもこれまで通り保存することとしました。もちろん、外見上は大丈夫そうなワインでも開けてみるとだめだったという可能性は残ります。特に、ブルゴーニュは心配です。

それはそうとして、オールドビンテージを連続で開けて深く悟ったことがあります。それはコルク抜きが洒落にならないくらい難しいということです。

よく考えてみると、これまでにビンテージワインを開けてコルク屑をワインに落とさなかったためしはありません。むしろ、その程度ならいいほうで、コルクを抜ききれず瓶の中に落としてしまったことも多々あります。プライベートで飲むのには気にしなければいいだけですが、さすがに客人には勧めづらいです。

これまではビンテージワインを開ける間隔が大きかったので、重大な問題とは認識できなかったのです。連戦連敗して初めてビンテージワインを通常のソムリエナイフで開けることは自分にはできそうもないと気付いたというわけです。
b0146762_21215419.jpg


そこで新たに入手したのが、薄い足2本をコルクのわきに差し込み挟んで引っ張り上げるタイプのオープナー。同時にデキャンティング効果の得られるポアラの廉価版も買いました。さてさて、新兵器の威力はいかほどのものでしょうか。
[PR]
# by nossnoss | 2013-10-16 21:26 | ワイン
コストコで買い物するようになって2年以上になります。輸入チーズやチョコレート菓子、ジュースなどが、他の輸入食料品店よりずいぶん安く手に入るのは本当にありがたいです。

コストコでワインを買うことについては保存状態を巡って賛否両論あるようですが、私は全く気にせず買ってます。初めて行ったときにモンダヴィのレギュラーカベルネが1000円台だったのには目が点になりました。これでは他で買う気になれません。さすがに、最近は円安で2000円台半ばまで値上がりしてますが、それでもお買い得だと思います。

今回の購入品はモンダヴィではなく、コストコオリジナルブランドのカークランド。ラザフォード・メリテージということで期待大。ラザフォードといえば筋肉質のカベルネを生み出すナパの銘醸地。メリテージはボルドー系ブレンドの上級ワインをさす言葉です。セパージュはなぜかメルロが多めで、いわゆるサンテミリオン系のブレンド。1000円台半ばのお手頃価格でした。
b0146762_14424985.jpg


これがよければカークランドを一通り試してみたいと思ってます。ちなみに、海外ですがコストコワインのレビューサイトを見つけたので、今度からはそちらも参考にするつもりです
[PR]
# by nossnoss | 2013-10-14 14:47 | ワイン
今月頭から2週間ほど禁酒してましたが、連休で一休み? チリピノのリトル・キノというワインを開けました。なんでもシャブリ生産者によるチリの南部の少数生産ワインで賞もとったのだそう。価格を考えるとあまり高い期待はできないが、こういう冒険がワインの醍醐味ですからね。

b0146762_20304437.jpg


ニューワールドの安ピノに対する私のイメージは、度数の割に骨格に乏しい醸造用アルコールで作った日本酒のようなワイン。幸いなことに、このワインはそれとは逆で、度数はそこそこながら「ピノらしさ」のようなものが感じられました。酸味が立つのはおそらく冷涼な気候のせいでしょう。エグみというか苦みのような雑味はぬぐい切れていませんでしたが、それなりにエレガントで、昔飲んだシモンビーズを彷彿とさせるものでした。

しかしながら、感銘を受けるほどでもなく、当面リピはないかな。改めて、ピノ発掘の難しさを思い知らされた格好です。
[PR]
# by nossnoss | 2013-10-13 20:45 | ワイン
久々の復活。とりあえず生きてはいるけど、数値はまずいです。節制、節制。
[PR]
# by nossnoss | 2013-10-11 20:19 | いろいろ