デュポン・ティスランド

ワインを購入する際に雑誌の評価を参考にする人は多いようです。中でも、ロバート・パーカーのワイン・アドヴォケイトは価格を大きく左右するほどの影響力。一方、同じくらい有名なワイン・スペクテーターは商業主義的とかで、盲信するのはどうかとよく言われています。

私個人は断然スペクテーター派。結構頼りにしています。日本ではこの雑誌で取り上げられてもすぐに価格に反映されないケースが多いことも好都合です。

そんなスペクテーターおすすめのワインの中で最近のお気に入りはデュポン・ティスランド。自分の中では1番好きなブルゴーニュの生産者です。ここのワインも雑味がなく、芯の甘い旨味だけが純粋に口中に広がり、いくらでも飲めてしまいます。近年のブルゴーニュ高騰で1級畑でもそう簡単には飲めないんですけどね。
[PR]
by nossnoss | 2008-06-18 23:29 | ワイン