こんなブログ立ち上げてるのに

ただいま禁酒、ダイエットしています。さすがに20年近く飲み続けると体にいろいろ問題が出てきたので。ゆくゆくは飲んだワインのレポートにしたいけど、当面は思い出と買い物のはなしなんかでいきます。

まずは、ワインを飲み始めた頃の話。

当時はバブルの末期で、酒のディスカウントストアが出現し始めた頃でした。ワインを飲む前は王道のビール派だったのですが、1日に2、3缶も飲むと結構な出費です。アルコール度数あたりのコストパフォーマンスはワインの方が優秀だったりする。

というわけで、安ワインを飲み始めました。最初はドイツの白。マドンナとか黒猫とかのカビネットクラス。1本1000円するかしないかの値段だったです。2日で1本のペースなら1日缶ビール3本よりも安いではないかと。

そのうち料理に合わせるのにドイツワインはちょっと甘すぎだと感じるようになり、辛口の白に。そのころの定番はシャブリ。ときどき1級畑などちょっとお高いのにも手を出すようになりました。
「美味しんぼ」にでてきたレ・クロやコルトン・シャルルマーニュが憧れのワイン。結局、コルトン・シャルルマーニュは今だに飲んだことなし。

「美味しんぼ」にもでていましたが、シャブリと魚介は実は合わないんではという人は多いですね。個人的には新鮮な魚介にキンキンに冷やしたデパキのシャブリが今でも大好きです。
[PR]
by nossnoss | 2008-06-16 21:20 | ワイン