ネットショッピング

いつの間にか、ある程度のレベル以上のワインは専らネットショップで買うのが当たり前になっています。身近な店より価格がということもあるけれど、一番の理由は品揃えでしょう。かぐや姫でもない限り大概の望みはかなえられますからね。

品質は大丈夫かという懸念はあれども、しかるべき品を一度注文してみれば概ねどんな店かは分かろうというものです。まあ、それ以前にサイトを見てみれば大体どんな姿勢の店なのか自ずと伝わってきますけど。

そんなこんなで何年かの経験を経て、私にもいくつか信頼できる店があります。おそらくは同じ趣味の皆様のご贔屓と粗方重なっているのだろうと思います。

明日、明後日と出先で仕事なので週末に明けるはずのワインを本日、木曜日に一本抜栓しました。そういった筋のネットショップで購入したわけありのブルゴーニュです。確かにホットなアイテムらしく入荷数も多いが動きも早いようです。実は、一本試して良いようだったら追加注文を目論んでいたのです。

確かに、当たり年のワインらしく、香りは豊かで期待に沿うものです。しかし、味は少なくとも自分好みではありませんでした。ところどころ、おっと思わせる部分はありながらも、苦みと芯の薄さは否めないと感じました。よって、コストパフォーマンスは合格点といえども追加注文はなしです。

ネットショップからすれば「この値段でこの品質!」なのでしょうが、消費者からすれば「ほしい!」ありきですからね。とは言えども、このお店に対する信頼度が大きく低下するわけではありません。
[PR]
by nossnoss | 2013-10-24 22:34 | ワイン